【種から始める節約の家庭菜園#2】家庭消費が増えた野菜を作って節約

目次

【種から始める節約の家庭菜園#2】家庭消費が増えた野菜を作って節約

物価高やコロナの流行などがあって、ここ数年で消費量が増えた野菜。

キャベツ玉ねぎ白菜ブロッコリー大根
トマトねぎ人参ほうれん草じゃがいも
レタスかぼちゃきゅうりピーマンなす

この中で、家庭で作りやすいのは、トマト、ピーマン、ほうれん草、なす。

※プランター栽培を想定しています。もちろん畑でも作りやすいです。

トマト、ピーマン、なすの作り方(ざっくりスケジュール解説)

この3品目はスケジュールが似てるので、まとめて説明できます。

2月下旬  ポットに種まき

3月上旬  苗を育てる

4月下旬  プランターに植え付け

5月中旬  支柱を立てる

6月中旬  収穫

やや前後はしますが、温暖な地域の場合はこれで問題無いです。

ほうれん草の作り方(ざっくりスケジュール解説)

3月下旬   プランターに種まき

4月中旬   収穫

9月上旬   プランターに種まき

10月上旬  収穫

種まきが、春夏秋であれば、育ちますので簡単です。

葉物野菜ですので、生育が早いため1年で複数回の収穫できます。

同じ土を使う場合は、春はほうれん草、収穫後はコマツナ、葉ダイコン、水菜に変えてもいいです。

ページの最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。ご参考になれば幸いです。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次